atamaitaize

coffeentrees:

It’s never too soon to make plans for #campvibes ! The shop has everything you need to live life the way you have always dreamed of. #polerstuff photo @andylloyd #polerportland 1300 W Burnside @polernyc @polerstuff by polerportland

coffeentrees:

It’s never too soon to make plans for #campvibes ! The shop has everything you need to live life the way you have always dreamed of. #polerstuff photo @andylloyd #polerportland 1300 W Burnside @polernyc @polerstuff by polerportland

togifs:

[video]

(Source: twinsyu2)

バケツ一杯に対し、洗濯用柔軟剤を5・6滴水の中に垂らしていきます。

洗濯用柔軟剤をバケツに入れたら拭き掃除用タオルをバケツに入れます。

水を含ませたタオルを絞ります。この時、写真のようにタオルをしっかりと固く絞るのがポイントです。

固く絞ったタオルを使って、普段通りに拭き掃除をしてみてください。すると・・・

この間は3日でホコリが溜まっていましたが・・・柔軟剤を数滴入れた水でいつもと同じように拭き掃除をしただけで・・・どうですか?この違い!!全然違いますよね。柔軟剤には衣類に使われる「静電気防止効果」の成分が含まれています。その成分の働きによって、ホコリが付きにくくなっているようです。この方法はプロの掃除屋も使っています。

hummingatuune:

梅さんとアキちゃん

hummingatuune:

梅さんとアキちゃん

海馬に必要だと認めてもらうには、できるだけ情熱を込めて、ひたすら誠実に何度も何度も繰り返し情報を送り続けるしかないのです。すると海馬は、「そんなにしつこくやって来るのだから必要な情報に違いない」と勘違いして、ついに大脳皮質に情報を通過させるのです。

池谷裕二『受験脳の作り方』 (via kewpiemild)

―― でも、バンドをプロデュースする場合はピックの持ち方や、ドラムを叩く姿勢の指導から入ると最近聞いて、逆にびっくりしたんですよ。

佐久間 うん、やるよ。それは今でも。それはもう弦の張り方から教える。

―― そういう基本がダメなバンドでもプロになったりするものですか?

佐久間 これからデビューくらいならみんなダメでしょう。自分で言うのもなんだけど、僕のプロデュースの最大の利点は、レコーディングで必ずバンドが良くなることなんです。

―― 何を直すと良くなるんですか?

佐久間 たとえば、ドラムの子のシンバルが決まらないなと思ったら、その理由を探すわけ。そうすると実はシンバルの位置が遠いだけだったり。ちょっと手前に置けば、バスドラとのアタックが揃うとか。あるいはスティックの持ち方、椅子の高さ、膝の角度。そういうのを見つけて、教えてあげる。すると音が変わってくる。音が変わると、それは必ず演奏に影響する。

―― それは間違いなくそうでしょうね。気分よく演奏できるし。

佐久間 レコーディングスタジオって特殊な環境じゃない? 普段、人前で演奏するような高揚感は生まれにくいし、ムダな緊張感しかない。それをいかにほぐして、ライブでもできないくらいの最高の演奏をさせるか。それが一番の目的なんです。仮にGLAYみたいになって、東京ドームで5万人を前に演奏できたとしても、作った音源を聴くのは5万人だけじゃない。録音した1回限りの演奏を、ものすごい人数の人が繰り返し聴く。だったら、それに見合う演奏をさせないといけない。その演奏をさせるためだけに存在しているんです、僕は。そういう仕事ができなくなるということなんだよね、大元の話に戻すと。

nemoi:

made-in-meido:

頭イイ!! : 【涅槃】常人には到底理解不能なカオスすぐる漫画大全【混沌】
kmima:

PhotoFunia

kmima:

PhotoFunia

(Source: prettyhorses)

(Source: ForGIFs.com)